スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読売の優勝が決まったわけだが・・・

・2012シーズン


中日はここまでよくやっていると思う。9月21日まで70勝49敗(貯金21)は、優勝してもおかしくない数字だ。

まず、今年はチェンがいない(MLBに移籍)

そして、昨シーズン計算のできた選手も怪我で多く離脱した。例えば昨シーズン10勝のネルソンがここまで投げられていない。抑えのエース浅尾も早々に怪我をして、シーズンのほとんどを投げられなかった。またエースの吉見も5-6試合ほど投げられなかった。他に野手では、ブランコが怪我で離脱した。

このような厳しい状況の中で、うまく勝ち星を積み重ねてきた。


しかし、読売は中日の遥か上をいった。昨シーズンの戦力に加え、杉内・ホールトンというパ・リーグを代表する両エースが普通に試合をすれば、今期のようになってしまう。読売は内海・澤村・杉内・ホールトンと、戦力で他チームを圧倒した。


ただそれ以上に、中日にとって厳しかったのは、オールスター後、各チームが巨人戦への考えを変えてしまったことだ。


★オールスター後、各チームの巨人戦対戦成績(~9/21優勝決定まで)

中日     7勝4敗1分
-----------------------
ヤクルト   1勝7敗2分
広島     0勝8敗1分
阪神     2勝5敗2分
横浜     1勝10敗
-----------------------
合計(中日除く)4勝30敗5分 → 26の勝ち越し

   
阪神を除いて各チームは巨人戦は捨てゲームにしてしまった。エースを巨人戦では先発させず、勝ちやすい試合、または、CS争いしているチームに投げさせた。

もともと横浜には期待できなかったが、広島・ヤクルトがヤル気をださなければ、巨人は楽に白星を積み重ねられる。そして中日だけに全精力で挑めばいい、という流れになってしまった(今年は中日に負けてもいいという雰囲気さえあった)これは毎年のことだが、巨人戦の後は、肉体的・精神的消耗が激しく、負けることが多い。落合前監督はこのこともあり、あえてあっさり負け試合を作っていると感じる時もあった。

また、阪神の低調も中日にとっては痛かった。

今年は、各チームのオールスター後の戦績及び今のゲーム差から明らかなように、中日としては手のうちようのない状態になってしまった。これだけの戦力差がある中で、各チームが巨人を倒したいと思える展開にしていかなければいけなかった。

シーズン後半プレッシャーのない中で、巨人は普段通りの野球を出来た。もう少しプレッシャーがかかっていれば、シーズンの展開も変わっていたかもしれない。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【読売の優勝が決まった】

・2012シーズン中日はここまでよくやっていると思う。9月21日まで70勝49敗(貯金21)は、優勝してもおかしく

コメントの投稿

Private :

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
コメント欄について
スパムコメントが多いため、コメント承認制にしています。何でもいいので一言でも書いていって頂けると嬉しいです。
グランパス・ドラゴンズ情報
選手ブログ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
Jリーグ公式
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
プロフィール

yu-suketaiji

Author:yu-suketaiji
生まれてからず~っとドラゴンズを応援し、Jリーグが開幕してからはグランパスも応援してきました。そしてこれからも厳しく熱く応援していきます。


リンクフリー

相互リンク歓迎です,ご連絡ください

広告
広告
価格.com ブロードバンド デル株式会社
雑誌・書籍など

ブログ内検索
RSSフィード
相互リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。