スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後味の悪い敗戦(J1第二節 FC東京戦)

(TV観戦)

苦手敵地での東京戦。小川に加え、前節負傷の藤本、中村と昨季のベスメンから3人を欠く中、直前まで玉田、田中隼も出場を危ぶまれており、厳しい戦いになることが予想されていた。

しかし、予想に反し前半は玉田のゴールにより1-0で折り返した。

「圧倒的じゃないか我が軍は」と中ス○の記者がほざく呟くとおり、今のチーム状態の中では上々の出来であった。

ただ、名古屋だけに2枚カードが出ていたのは少し気になる所だった。

名古屋の選手交代は、イエローをもらった選手を変えるというパターンが多い。今日も同様に、前半イエローをもらった田中隼と吉村を変えており、多少なりとも戦術に影響を与えたのは否めない。

後半に入り、1点をとられ追いつかれてからは、明らかに焦りがみられ、悪い名古屋が出てしまった。

交代選手や闘莉王を中盤にあげるという見たことのない戦術だけが敗因ではなく、精神的な不安定さがあったようにも思う。後半は審判の判定に明らかにイラついていたように見えた。

前節の清水戦から比べれば、結果として、名古屋に厳しめの判定が多かったとは思うが、調子のいい時の名古屋は、もっと厳しい(相性の悪い、相手にカードが出ない)審判でも、ぐっとこらえて試合をしていた。それがいい結果に繋がることが多かった。

特に、東京の選手の性格や1-3にリードされてから東京の選手が考えそうなことは試合を見ていれば誰でもわかる。また今日の審判のレベルの低さも東京の選手たちは気づいていたのかもしれない。

外から見ていてむかつけば、やっている選手たちはもっとむかつくんだろうが、そこは大人になって賢いチームになれれば結果も変わってくるだろう。

あと個々の選手で気になった選手だが、金崎にはもっとやってもらわないと厳しい。昨シーズンに比べればだいぶ戻ってきているが、現在の調子のままだと、小川が復帰し昨シーズン後半のような動きであれば、ピクシーは小川を選択するだろう。2010年は絶不調だった小川から金崎がスタメンを奪った形だが、運動量や守備力等、全体のバランスを見れば小川に分があるように思われる。

【メモ】
今日の主審:村上伸次(ダニルソン一発レッド)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

コメント欄について
スパムコメントが多いため、コメント承認制にしています。何でもいいので一言でも書いていって頂けると嬉しいです。
グランパス・ドラゴンズ情報
選手ブログ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
Jリーグ公式
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
プロフィール

yu-suketaiji

Author:yu-suketaiji
生まれてからず~っとドラゴンズを応援し、Jリーグが開幕してからはグランパスも応援してきました。そしてこれからも厳しく熱く応援していきます。


リンクフリー

相互リンク歓迎です,ご連絡ください

広告
広告
価格.com ブロードバンド デル株式会社
雑誌・書籍など

ブログ内検索
RSSフィード
相互リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。