FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本VS韓国(W杯壮行試合)

とりあえずW杯イヤーなので、初めて代表戦の感想を書いてみます。

朴智星「日本10年前より弱い」この言葉を誰もが実感した試合だったのではないか。個人的な感情として、2002年W杯から韓国サッカーが大嫌いになってしまったのだが、あまりのレベルの違いの完敗にも関わらず、悔しささえ消えてしまうようだった。それも韓国が調子が良いとは思えない状況の中で。

W杯のわくわく感がこれほど無いのも珍しい。これほど代表の試合がつまらないのは、おそらく自分がサッカーを見始めてから初めてのような気がする。とにかく動きが無い。運動量が無い。チームが連動していない。2年前はもっと動いていたような・・・。これって今の名古屋と似てないか??

期待されていた本田も韓国相手に、ほぼ何も出来なかった。個人的にもかなりの期待をしていたのだが。オランダ戦、彼が何も出来なかったときからチームとして全く成長はしていなかった。

また戦術も人選も何をしたいのか全く分からなかった。
中村俊に関しては問題外。本人もいっているように戦力に全くなっていない。年齢的にもセルティック時代がピークだったのだろう。スペイン時代以降、良い状態を見たことがない。遠藤に関しても昨日に関してはよくなかった。Jでも最近は調子がよくないイメージがある。大久保についても相変わらずである。玉田についても怪我で戦力にならない可能性もある。(以前、ここで述べたように無駄な試合で岡田監督が無理して使っていたツケが今にして回ってきたような感じだ。玉田を見ていればわかるが去年から今年まで足の状態はずっと悪い。このまま中村のようになってしまわないか非常に心配である。)それにしても中心の年齢層が高すぎる。

なぜ若い選手が出てこないのだろうか。というかなぜ使わないのか。もう今さらいっても意味が無いのだが、昨日の試合を見ている限り、香川や金崎の方がよっぽどいい動きを見せてくれるような気がする。「連携」をよく岡田監督はいっているが、走れない(走れない)選手ばかりで年齢が上がると共に、ますます「連携」がなくなってきているのが現実である。ここまで中盤が走らず機能しないとは思わなかった。
選考についてとやかく言いたくは無い。しかし、個人的には全くJで結果の出ていない矢野の変わりに石川。同様に中村俊の代わりに小野。大久保の変わりに香川を見てみたかった。やはり23人に絞るのは少し早すぎたか。

それにしても、"金正友”今の名古屋にこそ必要な気がした。イエローが多く名古屋在籍時はあまり好きなプレーヤーではなったが、彼のように激しく当たることのできる選手(ボランチ)が名古屋にはいない。名古屋の見ていてイライラする緩い守備に、喝を入れて欲しい。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

いきなりですいません

はじめまして☆
北名古屋市でサッカーチームを運営している
Gott'sというチームのブログを書いています

よろしければ相互リンクいたしませんか?

私は生粋のドラ吉です。

No title

すいません 
自分のブログなのるの忘れてました。
ブログ名 Gott's cafe
http://gotts.blog29.fc2.com/

No title

相互リンクありがとうございます!
早速、こちらもリンク画面に貼らせていただきました。

今後とも宜しくお願いいたします!

今年こそグランパス&ドラゴンズの
優勝に向けて応援していきましょうね♪
コメント欄について
スパムコメントが多いため、コメント承認制にしています。何でもいいので一言でも書いていって頂けると嬉しいです。
グランパス・ドラゴンズ情報
選手ブログ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
Jリーグ公式
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
プロフィール

yu-suketaiji

Author:yu-suketaiji
生まれてからず~っとドラゴンズを応援し、Jリーグが開幕してからはグランパスも応援してきました。そしてこれからも厳しく熱く応援していきます。


リンクフリー

相互リンク歓迎です,ご連絡ください

広告
広告
価格.com ブロードバンド デル株式会社
雑誌・書籍など

ブログ内検索
RSSフィード
相互リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。